アーカイブ : 2010年 6月

【POSTFIX】unsupported dictionary type: mysql

PostfixとDovecotとpostfixadminでヴァーチャルドメイン管理ツールを、
作っていたときに、はまったので、簡単にメモ。

unsupported dictionary type: mysql
ってエラーが出た。
この場合はpostfixがmysqlに対応していないことが原因。
下記、参考サイトに書いてある通り、
yumのリポジトリをplusも許可する。

すでにインストールされている場合は、
yum remove postfix
で削除。

私の場合は、postgresqlも合わせてインストールしました。

http://zenno.org/pukiwiki/index.php?Postfix%20MySQL%20Dovecot%20postfixadmin%20SquirrelMail%20phpMyAdmin

【PHP】前ゼロを付けて桁数を統一したい

指定した桁数で前ゼロを付けるにはこんな感じの関数を使います!

sprintf(‘%05d’, $num);

上のソースでは5桁に満たなかったら頭に0を付けます。

たとえば、
1のときは00001
100のときは 00100
10000のときは10000
みたいな感じです。

ユーザーIDなど桁数を合わせるときは便利ですね!

Smartyのテンプレートの場合は

{$num|string_format:’%05d’}

とやると前ゼロが付きます。

【PHP】日付の加算・減算

PHPでの日付の加算・減算方法
週の対応もしています。

// 現在日付からの日付計算
echo “1日前 : ” . date(“Y/m/d”, strtotime(“-1 day”)) . “<br/>”;
echo “1ヶ月前 : ” . date(“Y/m/d”, strtotime(“-1 month”)) . “<br/>”;
echo “1年前 : “   . date(“Y/m/d”, strtotime(“-1 year”)) . “<br/>”;
echo “1週間前 : ” . date(“Y/m/d”, strtotime(“-1 week”)) . “<br/>”;

echo “1日後 : ” . date(“Y/m/d”, strtotime(“1 day”)) . “<br/>”;
echo “1ヶ月後 : ” . date(“Y/m/d”, strtotime(“1 month”)) . “<br/>”;
echo “1年後 : “   . date(“Y/m/d”, strtotime(“1 year”)) . “<br/>”;
echo “1週間後 : ” . date(“Y/m/d”, strtotime(“1 week”)) . “<br/>”;

// 指定日付からの日付計算
echo “1日前” . date(“Y/m/d”, strtotime(“2010/07/20 -1 day”)) . “<br/>”;
echo “1ヶ月前” . date(“Y/m/d”, strtotime(“2010/07/20 -1 month”)) . “<br/>”;
echo “1年前” . date(“Y/m/d”, strtotime(“2010/07/20 -1 year”)) . “<br/>”;
echo “1週間前” . date(“Y/m/d”, strtotime(“2010/07/20 -1 week”)) . “<br/>”;

【デザイン】ロゴデザインに困ったとき。

ロゴのデザインをする時、とっさにアイデアが浮かばなくて困ってしまう場合は、

[デザインIDデータベース]
http://www.designiddatabase.net/

カラー別、テイスト別に検索できるので便利です!
イメージを見ているとインスピレーションに役立つのではないかと思います。

【LINUX】リバースプロキシを使って複数のバージョンの PHP,MySQL,Apache を共存させる方法

PHPが4と5でMySQLが4と5でそれぞれ別プロセスで動かす方法です。
クライアントからキャンペーン用で他の会社に依頼したら、
サーバ条件を全く満たしていなかったので調査しました。
下記サイト参考に対応しました。

http://cl.pocari.org/2006-05-18-2.html

バージョンです。
- Apache 2.2.2
- PHP 5.1.4
- MySQL 4.1.19

- Apache 1.3.36
- PHP 4.2.2
- MySQL 3.23.58