アーカイブ : 2010年 9月

【Lighttpd】LighttpdでVhostを作成

LighttpdもApacheと同じようにバーチャルホストが作成できます。

■設定方法
vim /etc/lighttpd/conf.d/example.conf

$HTTP["host"] == “www.example.com” {
var.servername               = “www.example.com”
accesslog.filename          = “/var/log/lighttpd/” + var.servername + “_access.log”
server.errorlog             = “/var/log/lighttpd/” + var.servername + “_error.log”
server.document-root      = “/home/vhosts/example.com/www/htdocs/”
index-file.names          =  ( “index.php,index.html,index.cgi” )
cgi.assign                = ( “.cgi” => “” )
}

【CentOS】CentOSにcactiインストール

Cactiをインストールすると、サーバの各種情報が取れます。
例えば、CPU, Memory, Traffic, HDD残量などです。

■Net SNMPのインストール
yum install -y net-snmp
yum install -y net-snmp-utils

vim /etc/snmp/snmp.conf

com2sec local localhost private
com2sec mynetwork 192.168.0.0/24 public
group MyROGroup v1 local
group MyROGroup v2c local
group MyROGroup v1 mynetwork
group MyROGroup v2c mynetwork
view all included .1 80
access MyROGroup “” any noauth exact all none none
access MyRWGroup “” any noauth exact all all none
disk / 10000

■SNMP起動
/etc/rc.d/init.d/snmpd start

■RRDtoolインストール
yum -y install rrdtool

■Cacti用ユーザー作成
useradd cactiuser
passwd cactiuser
※任意のパスワード

■Cacti用DB作成
mysql -u cactiuser -p cacti < cacti.sql
※SQLが見つからない時のコマンド
find / -name cacti.sql

■Apacheのエイリアス設定 httpd.confなど
Alias /cacti /var/www/cacti

■Lighttpdのエイリアス設定 lighttpd.confなど
alias.url = ("/cacti/" => “/usr/share/cacti/”)

■Webサーバのリロード
/etc/init.d/httpd reload
/etc/init.d/lighttpd reload

■データ収集開始
# crontab -u cactiuser -e
*/5 * * * * /usr/bin/php /usr/share/cacti/poller.php > /dev/null 2>&1

【DooPHP】ドキュメントなどのURL一覧

今までCakePHPを使っていましたが、
これからは、CakePHPの20倍速いDooPHPを使ってみようと思います。

あんまりドキュメントが無いので、
細々とまとめて行こうかなと。

とりあえず、ダウンロード先
http://doophp.com/download

DooPHPガイド
http://doophp.com/doc/guide

DooPHP APIリファレンス
http://doophp.com/documentation/api_svn/

Learn DooPHP
http://learn.doophp.com/

GREE Social Feedbackを使ってみた

9/10にGREEのSocial Feedbackがオープン化されたので、
試しに使ってみました。

Social Feedbackは、GREE以外のWEBサービスの情報をGREEユーザー間で簡単に共有できる機能です。
Open Graph protocol準拠の meta要素記述を取得することで設置ページの情報を登録できます。

Social Feedbackのページに行くとiframe出力ツールがあるので、単体でボタンを設置するだけなら便利です。
GREE Social Feedback デベロッパーセンター

プログラムでやるならGETのurl部分に任意のURLを記述すればどのページにでも対応できそうですね。

このURLをiframeタグのsrcに入れるだけです。

http://share.gree.jp/share?url={任意のURL}&type=0&height=20

mixiはURLの登録が必要でしたが、
GREEは必要なし!

手軽さではGREEの勝ちかな!
でも日記を見るユーザー数で言うとmixiがいいかな。

まぁ両方とりあえずいれとけばいいか!

【EC-CUBE】Deprecatedがたくさん出る件

PHP5.3でEC-CUBEをインストールしたとき、Deprecatedがごっそり出ました。。。

これはきついですね、、、

php.iniや.htaccessで変更できない場合があるので、
EC-CUBE内で完結できる方法をメモ。

data/class/SC_Initial.phpのerror_reportingを下記に変更する。

function setErrorReporting() {
error_reporting(E_ALL & ~E_NOTICE & ~E_DEPRECATED);
}

割と簡単。