カテゴリー : Lighttpd

【Lighttpd】WordPressやDooPHPを動かす設定

lighttpd

lighttpd

Lighttpdは.htaccessが標準で使えないです。
htscannerを入れると動くようですが、Lighttpdの設定を変更するだけでWordPressやDooPHPが動くようになります。

WordPressでパーマリンクの設定を行わなければ、問題ないかと思いますがメモとして書いておきます。

バーチャルホストの設定で、rewrite部分を追加します。

vim /etc/lighttpd/cond.d/example.com.conf

############WordPressの場合############
$HTTP["host"] == “dev.example.com”{
server.document-root = “/home/vhosts/example.com/dev/htdocs”
url.rewrite-once = (
“^/(wp-.+).*/?” => “$0″,
“^/(sitemap.xml)” => “$0″,
“^/(xmlrpc.php)” => “$0″,
“^/(.+)/?$” => “/index.php/$1″,
)
}

############DooPHPの場合############
$HTTP["host"] == “dev.example.com”{
server.document-root = “/home/vhosts/example.com/dev/htdocs”
url.rewrite-once = (
“^/(.+)/?$” => “/index.php/$1″,
)
}

サーバモジュールを有効にします。
vim /etc/lighttpd/lighttpd.conf

server.modules = (
“mod_fastcgi”,
“mod_cgi”,
“mod_rewrite”,
“mod_access”,
“mod_evhost”)

以上でWordPressなどがApacheと同じように動作します。

【DooPHP】1.3.1でPHP Fatal error: Cannot redeclare class

DooPHP - fastest MVC based PHP framework

DooPHP - fastest MVC based PHP framework

DooPHPの新しいバージョンがリリースされたので早速使用してみました。

が、、、、全く動きません、、、

エラーログを見ると、
PHP Fatal error: Cannot redeclare class
と書いてあります。

CLASS名が繰り返し使用されてます、、、
今まで普通に動いていたので新しいdooframeworkに問題があると思いきや、
deploy.phpを読み込んだ直後にエラー。

dooframeworkに付属のdemoを見てみると正常に動作しています。

しばらく悩んだ結果、index.phpに変更があったことに気づきました。

DEMOblogのindex.phpのdeploy.phpがコメントアウトされている。

//include $config['BASE_PATH'].’deployment/deploy.php’;
include $config['BASE_PATH'].’Doo.php’;
include $config['BASE_PATH'].’app/DooConfig.php’;

そして、Doo.phpとDooConfigを直接読み込みにいく形に変更。

普通はそこ変えないだろう…

まぁ動いたからいいけど。

lighttpdも入れ終わったので、
最速サーバ+最速フレームワークで最強なPHP環境を構築できた。

lighttpddoophpを入れていない方は是非お試しください。

【Lighttpd】LighttpdでVhostを作成

LighttpdもApacheと同じようにバーチャルホストが作成できます。

■設定方法
vim /etc/lighttpd/conf.d/example.conf

$HTTP["host"] == “www.example.com” {
var.servername               = “www.example.com”
accesslog.filename          = “/var/log/lighttpd/” + var.servername + “_access.log”
server.errorlog             = “/var/log/lighttpd/” + var.servername + “_error.log”
server.document-root      = “/home/vhosts/example.com/www/htdocs/”
index-file.names          =  ( “index.php,index.html,index.cgi” )
cgi.assign                = ( “.cgi” => “” )
}

【CentOS】CentOSにcactiインストール

Cactiをインストールすると、サーバの各種情報が取れます。
例えば、CPU, Memory, Traffic, HDD残量などです。

■Net SNMPのインストール
yum install -y net-snmp
yum install -y net-snmp-utils

vim /etc/snmp/snmp.conf

com2sec local localhost private
com2sec mynetwork 192.168.0.0/24 public
group MyROGroup v1 local
group MyROGroup v2c local
group MyROGroup v1 mynetwork
group MyROGroup v2c mynetwork
view all included .1 80
access MyROGroup “” any noauth exact all none none
access MyRWGroup “” any noauth exact all all none
disk / 10000

■SNMP起動
/etc/rc.d/init.d/snmpd start

■RRDtoolインストール
yum -y install rrdtool

■Cacti用ユーザー作成
useradd cactiuser
passwd cactiuser
※任意のパスワード

■Cacti用DB作成
mysql -u cactiuser -p cacti < cacti.sql
※SQLが見つからない時のコマンド
find / -name cacti.sql

■Apacheのエイリアス設定 httpd.confなど
Alias /cacti /var/www/cacti

■Lighttpdのエイリアス設定 lighttpd.confなど
alias.url = ("/cacti/" => “/usr/share/cacti/”)

■Webサーバのリロード
/etc/init.d/httpd reload
/etc/init.d/lighttpd reload

■データ収集開始
# crontab -u cactiuser -e
*/5 * * * * /usr/bin/php /usr/share/cacti/poller.php > /dev/null 2>&1