カテゴリー : リリース

GREE Social Feedbackを使ってみた

9/10にGREEのSocial Feedbackがオープン化されたので、
試しに使ってみました。

Social Feedbackは、GREE以外のWEBサービスの情報をGREEユーザー間で簡単に共有できる機能です。
Open Graph protocol準拠の meta要素記述を取得することで設置ページの情報を登録できます。

Social Feedbackのページに行くとiframe出力ツールがあるので、単体でボタンを設置するだけなら便利です。
GREE Social Feedback デベロッパーセンター

プログラムでやるならGETのurl部分に任意のURLを記述すればどのページにでも対応できそうですね。

このURLをiframeタグのsrcに入れるだけです。

http://share.gree.jp/share?url={任意のURL}&type=0&height=20

mixiはURLの登録が必要でしたが、
GREEは必要なし!

手軽さではGREEの勝ちかな!
でも日記を見るユーザー数で言うとmixiがいいかな。

まぁ両方とりあえずいれとけばいいか!

【ツール】URL短縮&QR発行サービス xtw.me

URL短縮&QR発行サービス xtw.me

URL短縮&QR発行サービス xtw.me

twitterやmixiボイス・Amebaなうなどに対応したURL短縮&QRコード発行サービスです。

アドレスバーに表示されている長いURLを貼りつけて短縮ボタンをクリックするだけで、

短くなったURLが発行されます。

さらに、QRコードも発行できるので、モバイルでも活躍します。

APIも公開しているので、つぶやくボタンの作成時にお使いください。

URL短縮&QR発行サービス xtw.me

【twitter】つぶやくボタンブログパーツ

URL短縮サービスAPIのリリースをしたので、ツイッターのつぶやくボタンブログパーツを作ってみました!

  1. 使い方
    ソースをコピーしてブログに貼りつけるだけ!
    ボタンをクリックするとtwitterに移動して記事のタイトルと短くなったURLが自動で挿入されています。
  2. このツイッターつぶやくボタンブログパーツは誰でも使用することができます。
  3. APIの仕様・利用規約についてはURL短縮サービスAPIを参照してください。

【タイムカード】Adobe AIR で作られたFeliCaで使えるタイムカード

タイムカード管理って結構めんどくさくないですか?
毎月、新しいタイムカードを部署に配ったりコストもかかりますね。

そこでこのデスクトップアプリケーションを使うとコストも管理も楽ちんです!
PCとFeliCaカードさえあれば、誰でも簡単に入退室の管理ができます。
CSVで一括ダウンロードができるので、月末はダウンロードするだけ!。

AIRCARD

AIRCARD

AIR CARD FeliCaでタイムカードダウンロード