タグ : CENTOS

gitレポジトリの追加方法

gitのレポジトリを作成する

mkdir /tmp/repo
cd /tmp/repo
git init

公開用ディレクトリに移動する

cd /home/git
git clone --bare /tmp/repo repo.git
touch repo.git/git-daemon-export-ok
chown -R nobody:nobody repo.git

【CentOS】CentOSにcactiインストール

Cactiをインストールすると、サーバの各種情報が取れます。
例えば、CPU, Memory, Traffic, HDD残量などです。

■Net SNMPのインストール
yum install -y net-snmp
yum install -y net-snmp-utils

vim /etc/snmp/snmp.conf

com2sec local localhost private
com2sec mynetwork 192.168.0.0/24 public
group MyROGroup v1 local
group MyROGroup v2c local
group MyROGroup v1 mynetwork
group MyROGroup v2c mynetwork
view all included .1 80
access MyROGroup “” any noauth exact all none none
access MyRWGroup “” any noauth exact all all none
disk / 10000

■SNMP起動
/etc/rc.d/init.d/snmpd start

■RRDtoolインストール
yum -y install rrdtool

■Cacti用ユーザー作成
useradd cactiuser
passwd cactiuser
※任意のパスワード

■Cacti用DB作成
mysql -u cactiuser -p cacti < cacti.sql
※SQLが見つからない時のコマンド
find / -name cacti.sql

■Apacheのエイリアス設定 httpd.confなど
Alias /cacti /var/www/cacti

■Lighttpdのエイリアス設定 lighttpd.confなど
alias.url = ("/cacti/" => “/usr/share/cacti/”)

■Webサーバのリロード
/etc/init.d/httpd reload
/etc/init.d/lighttpd reload

■データ収集開始
# crontab -u cactiuser -e
*/5 * * * * /usr/bin/php /usr/share/cacti/poller.php > /dev/null 2>&1

【CentOS5】lighttpd/PHP/MySQL/FastCGIの一括インストール・設定

毎回いろんなサイトを見て設定するのがめんどくさいのでメモっておきます。
流れとしてはリポジトリの追加からlighttpd/FastCGI/PHP/MySQLのインストール・設定です。
今後、設定の変更などあれば追記していきます。

■remiリポジトリの追加

# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
# sudo rpm -Uvh remi-release-5.rpm epel-release-5-3.noarch.rpm


■lighttpd/PHP5.3/MySQL/FastCGIの一括インストール

# yum –enablerepo=remi install lighttpd lighttpd-fastcgi php mysql-server


■lighttpdのPHP有効設定

# vim /etc/lighttpd/lighttpd.conf
server.modules = (
“mod_access”,
“mod_fastcgi”,
“mod_accesslog”)
fastcgi.server = (“.php” =>
(“localhost” =>
(
“socket” => “/tmp/php-fastcgi.socket”,
“bin-path” => “/usr/bin/php-cgi”
)
)
)


■lighttpdのバーチャルホスト設定

# vim /etc/lighttpd/conf.d/vhosts.conf
$HTTP["host"] == “www.exsample.com” {
server.document-root = “/home/vhosts/exsample.com/www/htdocs/”
}


■MySQLのinnodb追加設定

# vim /etc/my.cnf
default-character-set = utf8
default-table-type = InnoDB
innodb_data_file_path = ibdata1:128M:autoextend
innodb_additional_mem_pool_size = 20M
innodb_buffer_pool_size = 256M
innodb_log_buffer_size = 8M
innodb_log_file_size = 64M
innodb_flush_method = O_DIRECT
innodb_flush_log_at_trx_commit = 1


■SELINUX/iptableの無効(VirtualBoxのローカルマシンのみ)

# vim /etc/sysconfig/selinux
SELINUX=disabled
# /etc/init.d/iptables stop


【LINUX】CentOS5.5 vsftpd初期設定

CentOS 5.5 vsftpd インストール・初期設定方法

yum install vsftpd

vim /etc/vsftpd/vsftpd.conf

匿名ユーザはログインさせない
anonymous_enable=NO

local_enable=YES
write_enable=YES
local_umask=022
dirmessage_enable=YES
xferlog_enable=YES
connect_from_port_20=YES
xferlog_std_format=NO
log_ftp_protocol=YES

アイドル時のタイムアウトを設定(600秒)
idle_session_timeout=600

接続時時のタイムアウトを設定(120秒)
data_connection_timeout=120

アスキーモードでアップロード・ダウンロードを許可する
ascii_upload_enable=YES
ascii_download_enable=YES

ログオン時のバナー
ftpd_banner=Welcome to blah FTP service.

一般ユーザはホームパスより上へアクセスさせない
chroot_list_enable=YES
chroot_local_user=YES
chroot_list_file=/etc/vsftpd/chroot_list

ディレクトリを削除可能にする
ls_recurse_enable=YES

listen=YES
pam_service_name=vsftpd
tcp_wrappers=YES

アクセスユーザーリストファイルの使用
userlist_enable=YES
userlist_deny=NO
userlist_file=/etc/vsftpd.user_list
tcp_wrappers=YES

タイムスタンプ時間を日本時間に合わせる
use_localtime=YES

パッシブモードを利用にする
pasv_promiscuous=YES
パッシブモード利用時のポート範囲(例:50000~50030)
pasv_min_port=50000
pasv_max_port=50030

chroot_listは空でもいいので作成しておく
vi /etc/vsftpd/chroot_list

vsftpd起動
/etc/init.d/vsftpd start
/etc/init.d/vsftpd stop
/etc/init.d/vsftpd status
/etc/init.d/vsftpd restart

自動起動設定
chkconfig vsftpd on