タグ : Fedora

【Fedora14】KDEでの日本語設定

Live CDから普通にインストールしたつもりでしたが、何故か日本語設定ができない…

いろいろ調べると、ターミナルから少しコマンド入れればいいみたいです。

vi /etc/sysconfig/i18n
LANG=”ja_JP.UTF-8″
source /etc/sysconfig/i18n

コマンド入力したら、システム設定のLocalで、
CountryをJapan
Languagesにjapaneseを右矢印で登録してあげると日本語設定ができました。

【Fedora14】Google日本語入力(ibus-mozc)の設定

Fedora

Fedora

Windows/Macでとても使いやすかったGoogle日本語入力。
LinuxのFedora14でも使いたいと思って調べたらありました!

デフォルトのibus-anthyもよかったんですが、
予測入力もすぐにでてっこなかったり、
変換がおかしかったり、、、

Fedora14でのインストールはとても簡単でした。
コマンド一行です!

yum install ibus-mozc

Fedora IBus設定

Fedora IBus設定

あとは、システム→設定→Input Method Selectorで
入力メソッドの個人設定→インプットメソッド→インプットメソッドの選択→日本語→Mozc→追加→上へで設定完了。

通常のibusよりもいいところは、
顔文字と入力すると変換で(・∀・)558個の顔文字がでてきます!
変換の学習もかなり良いです!
設定してなかったからか半角/全角キーで文字種を変更できるようになった!

SCIMの設定も同じようにやるとできるみたいですよ!
でも私のFedora14で設定したら落ちまくったのでiBusに戻しました。

【Fedora14】システムを日本語化する

Fedora日本語化

Fedora日本語化

Fedora14をインストールしてログイン後にメニューが全て英語でかなり焦った!!

まぁできなくはないんだけど日本語入力もできない、、
ログインしてメニューや設定を見てみるも特に変更するところはありませんでした。
キーボード設定もJapanになってるのに。

色々調べたら、ログイン前に設定するらしい。
一度ログアウトして、ログイン画面で左下の方にEnglishって書いてあるやん!

そこを日本に設定してログインするとできた!
ディレクトリ名を日本語にしますか?って聞かれるのでとりあえず日本語にしてログイン!

iBusの感度に感動した!
ちなみにMacのVirtualBoxでAppleキーボードなんですが、かな変換できちんと日本語打てるようになってます!