タグ : lighttpd

【Lighttpd】WordPressやDooPHPを動かす設定

lighttpd

lighttpd

Lighttpdは.htaccessが標準で使えないです。
htscannerを入れると動くようですが、Lighttpdの設定を変更するだけでWordPressやDooPHPが動くようになります。

WordPressでパーマリンクの設定を行わなければ、問題ないかと思いますがメモとして書いておきます。

バーチャルホストの設定で、rewrite部分を追加します。

vim /etc/lighttpd/cond.d/example.com.conf

############WordPressの場合############
$HTTP["host"] == “dev.example.com”{
server.document-root = “/home/vhosts/example.com/dev/htdocs”
url.rewrite-once = (
“^/(wp-.+).*/?” => “$0″,
“^/(sitemap.xml)” => “$0″,
“^/(xmlrpc.php)” => “$0″,
“^/(.+)/?$” => “/index.php/$1″,
)
}

############DooPHPの場合############
$HTTP["host"] == “dev.example.com”{
server.document-root = “/home/vhosts/example.com/dev/htdocs”
url.rewrite-once = (
“^/(.+)/?$” => “/index.php/$1″,
)
}

サーバモジュールを有効にします。
vim /etc/lighttpd/lighttpd.conf

server.modules = (
“mod_fastcgi”,
“mod_cgi”,
“mod_rewrite”,
“mod_access”,
“mod_evhost”)

以上でWordPressなどがApacheと同じように動作します。

【DooPHP】1.3.1でPHP Fatal error: Cannot redeclare class

DooPHP - fastest MVC based PHP framework

DooPHP - fastest MVC based PHP framework

DooPHPの新しいバージョンがリリースされたので早速使用してみました。

が、、、、全く動きません、、、

エラーログを見ると、
PHP Fatal error: Cannot redeclare class
と書いてあります。

CLASS名が繰り返し使用されてます、、、
今まで普通に動いていたので新しいdooframeworkに問題があると思いきや、
deploy.phpを読み込んだ直後にエラー。

dooframeworkに付属のdemoを見てみると正常に動作しています。

しばらく悩んだ結果、index.phpに変更があったことに気づきました。

DEMOblogのindex.phpのdeploy.phpがコメントアウトされている。

//include $config['BASE_PATH'].’deployment/deploy.php’;
include $config['BASE_PATH'].’Doo.php’;
include $config['BASE_PATH'].’app/DooConfig.php’;

そして、Doo.phpとDooConfigを直接読み込みにいく形に変更。

普通はそこ変えないだろう…

まぁ動いたからいいけど。

lighttpdも入れ終わったので、
最速サーバ+最速フレームワークで最強なPHP環境を構築できた。

lighttpddoophpを入れていない方は是非お試しください。

【Lighttpd】LighttpdでVhostを作成

LighttpdもApacheと同じようにバーチャルホストが作成できます。

■設定方法
vim /etc/lighttpd/conf.d/example.conf

$HTTP["host"] == “www.example.com” {
var.servername               = “www.example.com”
accesslog.filename          = “/var/log/lighttpd/” + var.servername + “_access.log”
server.errorlog             = “/var/log/lighttpd/” + var.servername + “_error.log”
server.document-root      = “/home/vhosts/example.com/www/htdocs/”
index-file.names          =  ( “index.php,index.html,index.cgi” )
cgi.assign                = ( “.cgi” => “” )
}

【CentOS5】lighttpd/PHP/MySQL/FastCGIの一括インストール・設定

毎回いろんなサイトを見て設定するのがめんどくさいのでメモっておきます。
流れとしてはリポジトリの追加からlighttpd/FastCGI/PHP/MySQLのインストール・設定です。
今後、設定の変更などあれば追記していきます。

■remiリポジトリの追加

# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
# sudo rpm -Uvh remi-release-5.rpm epel-release-5-3.noarch.rpm


■lighttpd/PHP5.3/MySQL/FastCGIの一括インストール

# yum –enablerepo=remi install lighttpd lighttpd-fastcgi php mysql-server


■lighttpdのPHP有効設定

# vim /etc/lighttpd/lighttpd.conf
server.modules = (
“mod_access”,
“mod_fastcgi”,
“mod_accesslog”)
fastcgi.server = (“.php” =>
(“localhost” =>
(
“socket” => “/tmp/php-fastcgi.socket”,
“bin-path” => “/usr/bin/php-cgi”
)
)
)


■lighttpdのバーチャルホスト設定

# vim /etc/lighttpd/conf.d/vhosts.conf
$HTTP["host"] == “www.exsample.com” {
server.document-root = “/home/vhosts/exsample.com/www/htdocs/”
}


■MySQLのinnodb追加設定

# vim /etc/my.cnf
default-character-set = utf8
default-table-type = InnoDB
innodb_data_file_path = ibdata1:128M:autoextend
innodb_additional_mem_pool_size = 20M
innodb_buffer_pool_size = 256M
innodb_log_buffer_size = 8M
innodb_log_file_size = 64M
innodb_flush_method = O_DIRECT
innodb_flush_log_at_trx_commit = 1


■SELINUX/iptableの無効(VirtualBoxのローカルマシンのみ)

# vim /etc/sysconfig/selinux
SELINUX=disabled
# /etc/init.d/iptables stop