タグ : MySQL

【MySQL】小数点を保存できるdecimal型

小数点といえばfloatかdoubleというイメージがあったんですが、MySQLのマニュアルによると

DECIMAL 型は、SQL-92 標準で使用可能なデータ型と同じデータ型として実装されます。これらのデータ型は、金額データに関する値など、正確な精度で保存することが重要となる値に対して使用されます。

decimal(6,2)

上のケースだと「1234.56」みたいな、全体で6桁、小数点以下が2桁という指定になります。

【CentOS5】lighttpd/PHP/MySQL/FastCGIの一括インストール・設定

毎回いろんなサイトを見て設定するのがめんどくさいのでメモっておきます。
流れとしてはリポジトリの追加からlighttpd/FastCGI/PHP/MySQLのインストール・設定です。
今後、設定の変更などあれば追記していきます。

■remiリポジトリの追加

# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
# sudo rpm -Uvh remi-release-5.rpm epel-release-5-3.noarch.rpm


■lighttpd/PHP5.3/MySQL/FastCGIの一括インストール

# yum –enablerepo=remi install lighttpd lighttpd-fastcgi php mysql-server


■lighttpdのPHP有効設定

# vim /etc/lighttpd/lighttpd.conf
server.modules = (
“mod_access”,
“mod_fastcgi”,
“mod_accesslog”)
fastcgi.server = (“.php” =>
(“localhost” =>
(
“socket” => “/tmp/php-fastcgi.socket”,
“bin-path” => “/usr/bin/php-cgi”
)
)
)


■lighttpdのバーチャルホスト設定

# vim /etc/lighttpd/conf.d/vhosts.conf
$HTTP["host"] == “www.exsample.com” {
server.document-root = “/home/vhosts/exsample.com/www/htdocs/”
}


■MySQLのinnodb追加設定

# vim /etc/my.cnf
default-character-set = utf8
default-table-type = InnoDB
innodb_data_file_path = ibdata1:128M:autoextend
innodb_additional_mem_pool_size = 20M
innodb_buffer_pool_size = 256M
innodb_log_buffer_size = 8M
innodb_log_file_size = 64M
innodb_flush_method = O_DIRECT
innodb_flush_log_at_trx_commit = 1


■SELINUX/iptableの無効(VirtualBoxのローカルマシンのみ)

# vim /etc/sysconfig/selinux
SELINUX=disabled
# /etc/init.d/iptables stop


【MySQ】1台のサーバにMySQLの共存

かなりはまったので、メモ。

サーバで現状動いているMySQL4のプログラムがあって、
新しく構築してもらったプログラムがMySQL5がないと動かないと言われました。

いやいや、MySQL4で作ってくださいよとは言えず、、

下記サイトにMySQLの共存が書いてありましたー

1台のサーバにMySQL 4と5の共存方法

【MySQL】データのインポート・エクスポートコマンド

LinuxとWindowsでのMySQLデータのインポート・エクスポートコマンド

・MySQLでのダンプ(エクスポート)コマンド
$mysqldump db_name > file_name.sql -u root -p

・MySQLのインポートコマンド
$mysql db_name < file_name.sql -u root -p

【POSTFIX】unsupported dictionary type: mysql

PostfixとDovecotとpostfixadminでヴァーチャルドメイン管理ツールを、
作っていたときに、はまったので、簡単にメモ。

unsupported dictionary type: mysql
ってエラーが出た。
この場合はpostfixがmysqlに対応していないことが原因。
下記、参考サイトに書いてある通り、
yumのリポジトリをplusも許可する。

すでにインストールされている場合は、
yum remove postfix
で削除。

私の場合は、postgresqlも合わせてインストールしました。

http://zenno.org/pukiwiki/index.php?Postfix%20MySQL%20Dovecot%20postfixadmin%20SquirrelMail%20phpMyAdmin