タグ : PHP

【PHP】WindowsでcUrlを有効にする

TwitterのOAuth認証でcUrlが必要みたいだったので有効にしてみました。

WindowsでcUrlを使えるようにするには、
php.iniを編集してApacheを再起動してあげればいいみたい。

■php.iniをテキストエディタで編集しコメントを削除する
extension=php_curl.dll

Apacheの再起動!

php_curl.dllは存在しなくていいみたいですよ。

libeay32.dll
ssleay32.dll
のdllがphpのパスにあれば動きます。

【PHP】PHPでPDFを作成する

FPDFライブラリを使用すると、簡単にPDFを無料で作成することができます。

座標の指定で表示することもできるし、画像を挿入することもできるんですね。

ワードで帳票のテンプレートを作り、PDFにしておけば、
そのPDFを読み込んで、指定した座標にデータを入れ込むことが出来ます。

サンプルコードを載せたいが、
サイトのチュートリアルにかなり詳しく書いてあるので、
それを参考にしてもらったほうがいいですね。

これをDooPHPのクラス群に突っ込んでおくかな!


FPDF

【CentOS5】lighttpd/PHP/MySQL/FastCGIの一括インストール・設定

毎回いろんなサイトを見て設定するのがめんどくさいのでメモっておきます。
流れとしてはリポジトリの追加からlighttpd/FastCGI/PHP/MySQLのインストール・設定です。
今後、設定の変更などあれば追記していきます。

■remiリポジトリの追加

# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
# wget http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-5.rpm
# sudo rpm -Uvh remi-release-5.rpm epel-release-5-3.noarch.rpm


■lighttpd/PHP5.3/MySQL/FastCGIの一括インストール

# yum –enablerepo=remi install lighttpd lighttpd-fastcgi php mysql-server


■lighttpdのPHP有効設定

# vim /etc/lighttpd/lighttpd.conf
server.modules = (
“mod_access”,
“mod_fastcgi”,
“mod_accesslog”)
fastcgi.server = (“.php” =>
(“localhost” =>
(
“socket” => “/tmp/php-fastcgi.socket”,
“bin-path” => “/usr/bin/php-cgi”
)
)
)


■lighttpdのバーチャルホスト設定

# vim /etc/lighttpd/conf.d/vhosts.conf
$HTTP["host"] == “www.exsample.com” {
server.document-root = “/home/vhosts/exsample.com/www/htdocs/”
}


■MySQLのinnodb追加設定

# vim /etc/my.cnf
default-character-set = utf8
default-table-type = InnoDB
innodb_data_file_path = ibdata1:128M:autoextend
innodb_additional_mem_pool_size = 20M
innodb_buffer_pool_size = 256M
innodb_log_buffer_size = 8M
innodb_log_file_size = 64M
innodb_flush_method = O_DIRECT
innodb_flush_log_at_trx_commit = 1


■SELINUX/iptableの無効(VirtualBoxのローカルマシンのみ)

# vim /etc/sysconfig/selinux
SELINUX=disabled
# /etc/init.d/iptables stop


【PHP】現在のメモリ表示

下記コマンドで現在のメモリ数をMBで表示することができる。

echo “MemoryGetUsage : “.round(memory_get_usage() / pow(1024, 2), 5).”MB”;

【PHP】PHP4とPHP5を安全に共存させる

サーバが古くて現状動いているPHP4のプログラムがある場合で、

PHP5を使いたい案件があったので、下記、参照に構築できました。

PHP4とPHP5を安全に共存させる